札幌いし胃腸科内科

いし胃腸科内科|内科・アンチエイジング[札幌市豊平区平岸]


お電話のご予約 お問い合わせ

TEL:011-813-1220

〒062-0933 札幌市豊平区平岸3条14丁目1-5
札幌・経鼻内視鏡経鼻内視鏡
札幌・経鼻内視鏡

大腸カメラ・札幌大腸カメラ
札幌・大腸カメラ

内科内   科
札幌内科

アンチエイジングアンチエイジング
札幌・アンチエイジング

禁煙外来禁煙外来
札幌・禁煙外来

各種検診・健康相談各種検診・健康相談
札幌・検診

漢方漢   方
札幌・漢方

予防接種予防接種札幌・予防接種
求人情報求人情報


内科
メディア紹介メディア紹介

いし胃腸科内科
札幌市豊平区平岸3条14丁目1-5
TEL : 011-813-1220
FAX : 011-811-0690

【診療内容】 胃腸科・内科、経鼻内視鏡,大腸カメラ
禁煙外来
各種検診・健康相談、漢方、予防接種

【交通アクセス】 地下鉄南北線・南平岸駅徒歩3分
駐車場完備

アクセス案内

アンチエイジング アンチエイジング


サプリメント   プラセンタ(注射)   グラッシュビスタ
男性型脱毛症治療薬   ED 治療薬  


自費薬(グラッシュビスタ、AGA治療薬、ED治療薬)を多く希望される方は、在庫確保のため、
ご希望数を事前にお電話くださると、お渡しがスムースです。 アンチエイジング


 サプリメント


取り扱いサプリメント サプリメントの必要性

現代の私たちの食生活は、「糖質」「脂質」「タンパク質」の三大栄養素を過剰に摂取する一方、
微量栄養素である「ビタミン」「ミネラル」の摂取は欠乏しがちです。
微量栄養素も、三大栄養素同様、人間の体内で作り出すことができないため、
外から取り入れなければ生きていくことができない、必須栄養素です。

すべての栄養素は、本来、なるべく自然で新鮮な旬の食材を使った、
バラエティーに富む食事から摂取されるのが理想ですが、多忙な現代生活では、
「ビタミン」や「ミネラル」を削り落としてしまう加工食品、食品添加物、
インスタント食品が出回り、朝昼晩三食とも健康的でバランスの良い食事を継続するのは困難です。
さらに、昔の野菜と比べると、今の野菜は、旬を無視したハウス栽培や無機肥料の
大量使用などに伴い、含まれる栄養価が大きく低下しています。
現代の私たちは意識せずに食事をしていると、気づかないまま、「ビタミン」や「ミネラル」
の欠乏に陥っていることが多いようです。

「ビタミン」や「ミネラル」は、体内エネルギー生産、組織の再生、
免疫機能がスムースに行われる手助けをしています。これらが不足すると、
「糖質」「脂質」「タンパク質」がスムースに分解されず、体内に蓄積され、
糖尿病、肥満、アレルギー、がん等の原因につながるおそれがあります。
だるい、疲れやすい、肌が荒れる、髪が抜けやすい、食欲不振、貧血などのお悩みの原因のひとつに、
「ビタミン」や「ミネラル」の不足が潜んでいる場合もあるのです。

こういった「ビタミン」「ミネラル」など欠乏しがちな栄養素を、効率良く摂取できる食品として、
サプリメント(栄養補助食品)摂取の考え方があります。サプリメントの本来の意味は、
普段の食事で補いきれない栄養素を便利な形で補うというものです。
日々の食生活を見直すことがまず第一であり、その上で、サプリメントを上手に利用し、
食生活のバランスを整えることができれば良いでしょう。

取り扱いサプリメント 当院では以下のサプリメントを扱います

当院がおすすめするサプリメントとして、マルチビタミン&ミネラル、ビタミンDについて
ご紹介します

サプリメント マルチビタミン&ミネラル(酵母フリー)

  多種類の微量栄養素がブレンド配合され、健康の基盤をつくるために
  まず最初に取り入れたいサプリメント。

内科 希望小売価格 5,400円(税抜価格 5,000円)
内容量 180カプセル(約1ヶ月分)
栄養成分表示 6カプセル 2.28g 当たり
エネルギー 8.09kcal  たんぱく質 0.24g
脂質 0.19g  炭水化物 1.35g
ナトリウム 1.25mg(食塩相当量 0.003g)

成分名 配合量 成分名 配合量 成分名 配合量
ビタミンA 420μg パントテン酸 50mg カルシウム 100mg
ビタミンD 25μg ビタミンB6 40mg マグネシウム 60mg
ビタミンE 134mg ビオチン 300μg 亜鉛 15mg
ビタミンB1 50mg 葉酸 400μg 1.5mg
ビタミンB2 50mg ビタミンB12 100μg
ナイアシン 30mg ビタミンC 500mg


サプリメント ビタミンD

  ビタミンDの補給に。現代人に不足しがちなオメガ3系脂肪酸「α(アルファ)リノレン酸」
  を含む亜麻仁油を配合。

内科 希望小売価格 1,620円(税抜価格 1,500円)
内容量 60カプセル(約2ヶ月分)
栄養成分表示 1カプセル 0.27g 当たり
エネルギー 1.71kcal  たんぱく質 0.10g
脂質 0.14g  炭水化物 0.03g
ナトリウム 0.02mg(食塩相当量 0.00005g)

成分名 配合量
ビタミンD 25μg(1,000IU)
亜麻仁油 140mg

 プラセンタ(注射)


【初回受診の方のみ】院長診察につき、院長不在時(第1第3第5水曜日午後)は受診できません。

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を、
注射により治療に用いる療法をプラセンタ療法と言います。
新陳代謝の促進、自律神経やホルモンバランスの調整、
免疫・抵抗力を高めるといった薬理作用をもっています。
お肌においても、肌の若返り、老化防止ということで注目を浴び、
化粧品に使用されています。

プラセンタ療法の効果 プラセンタ療法の効果

内科系 肝炎、肝硬変、高血圧、低血圧、慢性疲労
婦人科 更年期障害:動機・息切れ・不眠、便秘、冷え、生理痛
皮膚科 美容/美白/若返り
耳鼻科 アレルギー性鼻炎
整形外科 肩こり、腰痛、神経痛、五十肩
その他 精力増強・滋養強壮・疲労倦怠感・虚弱体質など

男性の方も使用できます

プラセンタ療法の費用 プラセンタ療法の費用

原則として自費となります。

初診料 1,000円
再診料 500円
筋肉/皮下注射 1回 1,000円(1アンプル)
1,800円(2アンプル)


 グラッシュビスタ


〜まつ毛が「少ない」「短い」「細い」とお悩みの方 ご相談ください〜

まつ毛には二つの役割があります。ひとつはゴミや汗が目に入るのを防ぎ、
紫外線から角膜を保護する生理的な役割。もうひとつは、目元の印象をつくるという外見的な役割です。

日本人のまつ毛は欧米人に比べて本数が少なく、反り返るカーブもないため下がって見えるという特徴があります。
平均的には、上まつ毛8〜12mm/90〜160本、下まつ毛6〜8mm/75〜80本と言われています。
もちろんまつ毛も一定の周期で生まれ変わっていて、その周期は5〜12ヶ月。
歳を重ねるほど本数が減ったり細くなったりコシがなくなってくるのは頭髪と同じです。

最近、長年かけてしまったまつ毛への負担、加齢によるまつ毛の減少など、
まつ毛について悩ましく感じる方が増えてきています。

このお薬は、上まつ毛の長さや太さ、濃さを改善させる効果があります。
通常使用後、2か月から効果を実感し始め、4か月で最大効果を実感できるといわれています。
日本での臨床試験において、まつ毛貧毛症の成人患者にこの薬を4か月使用した結果、
評価スケールで1段階以上の改善が77.3%の割合で認められました。
グラッシュビスタ患者様向け適正使用ガイドより)

目を守るためにも、目元の印象をつくるためにも大事なまつ毛。
まつ毛についてお悩みのある方はご相談ください。

アンチエイジング 皮膚疾患やがん化学療法の副作用によるまつ毛貧毛症の方にも効果あります。

アンチエイジング 使用を中止すると元に戻ります。

アンチエイジング 妊婦または妊娠している可能性のある人、授乳中の方は使用できません。

グラッシュビスタの費用 グラッシュビスタの費用

原則として自費となります。

初診料 1,000円
再診料 500円
グラッシュビスタ(70日分) 18,000円


    グラッシュビスタ

 男性型脱毛症治療薬


男性に多く見られる脱毛症は、思春期以降、額の生え際や頭頂部の髪が、
どちらか一方または双方から薄くなり進行していくのが特徴です。
細くて短い髪の毛が多くなり、全体としてうす毛が目立つようになり、
AGA(男性型脱毛症)と称されます。遺伝やDHT(ジヒドロテストステロン)
というホルモンが関係していると言われています。お気軽にご相談ください。

治療費用 治療費用

原則として自費となります。

当院ではAGA治療薬(プロペシア・ザガーロ)を処方しています。

初診料 1,000円
再診料 500円
プロペシア 1箱 7,000円
ザガーロ 1箱 10,000円


 ED 治療薬


【すべての受診の方】院長診察につき、院長不在時(第1第3第5水曜日午後)は受診できません。

ED(Erectile Dysfunction)とは男性性機能障害の一つである『勃起不全』のことです。
満足な性行為を行うことができない状態を意味します。
年齢を重ねるとEDになる可能性は高くなりますが、
70〜80代の方でも正常に勃起する人もいることから、年齢のせいだけではありません。
ストレス、不規則な食事、運動不足・飲酒 、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病の場合、
EDのリスクはさらに高まります。現在、ED治療は内服薬が主流です。
成人男性の約24%、50〜60代なら2人に1人がEDと診断されています。
特別なことではなく、極ありふれた身近な問題です。お気軽にご相談ください。

アンチエイジング 診察室に看護師は同席しません。また、医師より直接お薬をお渡しできます。

アンチエイジング 心臓の病気で治療中の方は処方できません。

治療費用 治療費用

原則として自費となります。

当院ではバイアグラ、レビトラ、シアリス、シルデナフィルの4種類を取り扱っています。

初診料 1,000円
再診料 500円
バイアグラ(50mg) 1錠 1,500円
レビトラ(10mg) 1錠 1,300円
シアリス(10mg) 1錠 1,500円
シルデナフィル(50mg) 1錠 1,000円
(後発品)



胃腸科
ホーム ≫ アンチエイジング