札幌いし胃腸科内科

いし胃腸科内科|経鼻内視鏡[札幌市豊平区平岸]


お電話のご予約 お問い合わせ

TEL:011-813-1220

〒062-0933 札幌市豊平区平岸3条14丁目1-5
札幌・経鼻内視鏡経鼻内視鏡
札幌・経鼻内視鏡

大腸カメラ・札幌大腸カメラ
札幌・大腸カメラ

内科内   科
札幌内科

アンチエイジングアンチエイジング
札幌・アンチエイジング

禁煙外来禁煙外来
札幌・禁煙外来

各種検診・健康相談各種検診・健康相談
札幌・検診

漢方漢   方
札幌・漢方

予防接種予防接種札幌・予防接種


内科
メディア紹介メディア紹介

いし胃腸科内科
札幌市豊平区平岸3条14丁目1-5
TEL : 011-813-1220
FAX : 011-811-0690

【診療内容】 胃腸科・内科、経鼻内視鏡,大腸カメラ
禁煙外来
各種検診・健康相談、漢方、予防接種

【交通アクセス】 地下鉄南北線・南平岸駅徒歩3分
駐車場完備

アクセス案内

大腸カメラ 経鼻内視鏡

内科

検査は月〜土曜日の午前、木曜日の午後に行っております。

内科

このような症状ありませんか?
 〜気がかりなことはすぐに検査。早期に定期的に検査を受けることが大切です。

経鼻内視鏡 胸焼けがする
胃腸科 みぞおちのつかえ
胃腸科内科 便が黒っぽい
胃腸科札幌 慢性胃炎と言われている
経鼻内視鏡 胃がん家系である
内科 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の既往がある
いし胃腸科内科 胃癌の手術をしたことがある

先端に高性能のカメラがついた細いチューブ(経口では直径1cm程度、経鼻では0.6cm程度)を 口や鼻から挿入して食道・胃・十二指腸を観察する検査です。 胃痛や胃もたれ、胸焼けなどの胃潰瘍、胃癌、逆流性食道炎などの診断に有用です。 また、胃がんになりやすいといわれている慢性胃炎も有無も確認できます。 従来の検診で行われている胃バリウム検査は低コストではあり、 大きな病変は分かりますが小さいポリープや癌、胃炎などの粘膜のただれなどは発見が難しく、 また検査終了後バリウムにより便秘になることがあります。また、腫瘍マーカーの測定(CEA、CA19-9)も 相当癌が進んだ状態でなければ上昇しないため、癌の予防や早期癌の発見には不向きです。

胃内視鏡検査は4〜5分程で微細な病変も発見でき、その場で生検(組織の採取)を行うことができますので 確実な診断が行うことができます。 症状のある場合や過去に病気があった方、検診で胃の異常が指摘された方は 胃内視鏡検査を行うのがスタンダードとなっています。

当院では直径5.9mmのフジノン社製の経鼻内視鏡を使用しています。 「オエッ」という嘔吐反射は少ないのが特徴で、 検査による苦痛は大幅に緩和されました。 口を自由に動かせますので会話しながら検査を受けることが可能です。 前処置もスプレーをして出血を予防し、ゼリー状の液体を流し込んで麻酔を行いますので 鼻の中に注射を行うわけではありません。 麻酔に用いる薬の量も少ないため体への負担は非常に軽くなります。 検査は内視鏡検査の経験数も豊富なドクターが行います。 過去に内視鏡で辛い思いをされた方でも苦痛のない検査を提供できると思いますが、 ご希望により鎮静剤を使用することもできます。
内科

 経鼻内視鏡の流れ


いし胃腸科内科 検査前日 常用薬は服用して差し支えありません。
ふだん通りに生活し、食事は夜9時までに済ませてください。
@牛乳、乳製品の飲みもの、果汁ジュース、コーヒー、紅茶は、検査の妨げとなるため、
 夜9時以降禁止です。
Aお水・お茶・スポーツドリンクは飲んでもかまいません。
Bタバコは禁止です。
   いし胃腸科内科
いし胃腸科内科 検査当日 食事は一切摂取しないで来院して下さい。
(水、お茶、スポーツドリンクは飲んでもかまいませんが、
 検査前1〜2時間は口を潤す程度の量にして下さい)
また服薬している薬がある場合は事前にお知らせください。
*検査時に鎮静剤を希望される方
 @検査直後は車の運転ができません。ご自分で車を運転しての来院は控えてください。

 Aマニキュアはお控えください(女性の方)。指先にモニターをつけます。
   いし胃腸科内科
いし胃腸科内科 検査 胃の中の泡を取り除くため、コップ半分程度の消泡剤(液体)を飲みます。
鼻の奥に麻酔を塗布し、少し時間を置いて鼻の表面麻酔が効いてきたら
ベッドに横向きに寝て検査を始めます。当院では上腹部痛のある方や
検診で受けられる方に腹部エコーを行った後に経鼻内視鏡検査を行います。
(上腹部痛の原因として胃だけではなく胆石や膵炎、肝がんや膵がんの可能性があるためです)
先端にカメラのついた細いチューブを鼻から挿入し、
食道や胃、十二指腸をじっくりと観察します。検査時間は5分程度です。
もし、異常な発赤や盛り上がりなど、がんを疑う病変や潰瘍があれば、
先端の鉗子口から処置具を出して組織を採取(生検)します。
   いし胃腸科内科
いし胃腸科内科 検査結果の説明 診察室に移り、撮った画像を見ながら医師の説明を受けます。
異常所見がない場合、次の検診は1年後が目安となります。
慢性胃炎がある方はヘリコバクターピロリ菌の検査をお勧めします。
組織を採った場合には、1週間後に病理結果を聞くために再度受診していただきます。

 検査について


 経鼻内視鏡 検査は月〜土曜日の午前中、木曜日の午後に行っており、事前に外来受診や電話で予約をしていただいております。
   (空き枠は随時お電話でご案内しております)来院された当日に検査を希望された場合は
   予約の方が優先となりますのでお待ちになっていただくか日を改めていただくことがあります。
   ご了承ください。

 経鼻内視鏡 当院では平成25年3月より最新式の内視鏡装置を導入しました。
   FICE(ファイス)という画像処理装置が搭載されており、細かい病変のピックアップに役立つものと考えております。

 経鼻内視鏡 検査は院長をはじめとする数多くの経験を持つ内視鏡専門医が行います。

 検査料金(保険 3割)


胃カメラ 4,000円弱
腹部エコー 1,600円弱
尿素呼気試験(ピロリ菌判定検査) 1,600円弱

 ※この他に初/再診料がかかります。

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡 お問い合わせについて

  お問い合わせは診療時間内にお願いいたします。
胃腸科
ホーム ≫ 経鼻内視鏡