ご予約・お問い合わせ

(診療時間内)

問診表

すみやかに診療ご希望の方は、
ご来院前に問診表を  
印刷・ご記入し持参ください。

アンチエイジング

アンチエイジングで、
健康寿命を伸ばすために。

自費薬(AGA治療薬、ED治療薬)を
多く希望される方は、
ご希望数を事前にお電話くださると、
お渡しがスムーズです。

サプリメント

サプリメントの必要性

多忙な現代生活では、加工食品、食品添加物、インスタント食品に頼ることも多く、「ビタミン」や「ミネラル」が不足しがちです。人間の体内では作り出すことができないため、新鮮な旬の食材を使った食事で摂取するのが理想ですが、現代の野菜は、旬を無視したハウス栽培や無機肥料の大量使用などに伴い、含まれる栄養価が大きく低下しています。

ビタミンやミネラルは体内エネルギー生産、組織の再生、免疫機能がスムースに行われる手助けをするため、必須栄養素とされています。これらが不足すると「糖質」「脂質」「タンパク質」がうまく分解されず、体内に蓄積されます。糖尿病や肥満、アレルギー、だるい、疲れやすい、肌が荒れる、髪が抜けやすい、食欲不振、貧血などのお悩みの原因になる場合もあります。

こういった「ビタミン」や「ミネラル」など、欠乏しがちな栄養素を効率よく摂取する方法の一つに、サプリメント(栄養補助食品)摂取があります。日々の食生活を見直すことが第一ですが、その上で、普段の食事で補いきれない栄養素をサプリメントの上手な活用で補い、食生活のバランスを整えることができればよいでしょう。

私たちのクリニックで扱う
おすすめサプリメント

マルチビタミン
&ミネラル
(酵母フリー)

多種類の微量栄養素が
ブレンド配合され、
健康の基盤をつくるために、
まず最初に取り入れたい
サプリメント。

〇希望小売価格 
5,400円(税抜価格 5,000円)

○内容量 
180カプセル(約1ヶ月分)

ビタミンD

ビタミンDの補給に。
現代人に不足しがちな
オメガ3系脂肪酸
「α(アルファ)リノレン酸」を
含む亜麻仁油を配合。

〇希望小売価格 
1,620円(税抜価格 1,500円)

○内容量 
60カプセル(約2ヶ月分)

プラセンタ

(注射)

初回受診の方へ
院長の診察になりますので、
院長不在時(第1・3・5水曜の午後)は
受診できません。

胎盤(プラセンタ)から抽出されたエキスの有効成分を用い、新陳代謝の促進、自律神経やホルモンバランスの調整、免疫・抵抗力を高めるといった効用を求めるのが「プラセンタ療法」です。お肌が若返るということで注目を浴び、女性向けと思われがちですが男性の方ももちろん大丈夫です。

料金表

(原則,自費となります)

初診料

1,000円

再診料

500円

筋肉/皮下注射 1回

1,000円
(1アンプル)

1,800円
(2アンプル)

男性型脱毛症(AGA)治療薬

男性に多くみられる脱毛症は、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり進行するのが特徴で、遺伝やDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが関係していると言われています。細く短い毛の率が高くなり、全体として薄毛が目立つようになっても、悩み解決のチャンスはあります。お気軽にご相談ください。

料金表

(原則,自費となります)

私たちのクリニックでは、
AGA治療薬(プロペシア・ザガーロ)を処方しています。

初診料

1,000円

再診料

500円

プロペシア 1箱

7,000円

サガーロ 1箱

10,000円

ED治療薬

初回受診の方へ
院長の診察になりますので、院長不在時
(第1・3・5水曜の午後)は受診できません。

ED(Erectile Dysfunction)とは男性性機能障害の一つである『勃起不全』のことで、満足な性行為を行うことができない状態を意味します。成人男性の約24%、50~60代なら2人に1人がEDと診断され、ストレスや不規則な食事、運動不足、飲酒のほか、糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病の場合もリスクが高まります。内服薬による治療が主流です。お気軽にご相談ください。

診察室に看護師は同席しません。
医師から直接お薬をお渡しできます。

心臓の病気で治療中の方は、処方できません。

料金表

(原則,自費となります)

私たちのクリニックでは、
AGA治療薬(プロペシア・ザガーロ)を処方しています。

初診料

1,000円

再診料

500円

バイアグラ(50mg)1錠

1,500円

レビトラ(10mg)1錠

1,300円

シアリス(10mg) 1錠

1,500円

シルデナフィル(50mg)1錠
(後発品)

1,000円

骨密度検査

骨とアンチエイジング

骨粗しょう症は、骨の中がスカスカになり骨がもろくなる病気です。閉経による女性ホルモンの分泌低下が骨密度を低下させるため女性に多い症状ですが、最近では生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)が骨代謝に影響を及ぼすことが明らかになってきており、男性も無縁ではありません。 私たちのクリニックではX線撮影によって手の骨塩量(骨に含まれるカルシウム量)を計測できるデジタル骨塩定量測定を行っており、計測結果はその場で患者様にお渡ししています。治療も行っているので、アンチエイジングに向け、定期的に測定されることをお勧めします。

料金表

(原則,自費となります)

骨密度測定

1,500円

※この他に、初/再診料がかかります。

ABI/PWV検査

あなたの「血管年齢」がわかります

現代は欧米型の食事や運動不足などの生活習慣によって、血管年齢が実年齢より高くなる方が増えています。脂質異常症、高血圧、糖尿病といった持病のある方、肥満傾向の方、食生活が乱れがちな方、喫煙される方は、血管の老化スピードが速く動脈硬化リスクが高くなります。 

血管の「つまり具合」をはかるABI検査と、血管の「硬さ」をはかるPWV検査で血管年齢を測定することは、このような疾患を早期発見するためにも重要です。

料金表

(原則,自費となります)

ABI/PWV検査

1,500円